時給はどうやって決まるの?

時給はどうやって決まるの?

時給はどうやって決まるの?

生徒さんと講師の両者に
    メリットがあるよう時給を決定します

講師登録の際、時給金額を記入してもらいますが、 講師検索の結果では、時給は公表せれません。 なぜなら、公表してしまうと必ず最低金額での依頼となるからです。 そこで、以下の方法で時給を決定することにより、希望金額以上の時給での家庭教師が可能となります。

生徒さんにとって、できるだけ安く!
    講師にとって、できるだけ高く!

『できるだけ高く』の理由

ベストティーチャーでは、講師にとってもできるだけ高い時給で家庭教師ができるようにしたいと考えております。
時給が高い分、講師は「責任をもって指導しなければ!」という、良い意味でのプレッシャーとプライドを持てるからです。 これも、直接契約のメリットだと考えるからです。

家庭教師として登録する方には、最低の時給金額(この金額以上で担当したい)を記入してもらっています。 そこで、 講師検索の結果では、「時給」は公表せず以下の方法で時給を決定します。

時給は、生徒さんの「希望時給○○○円以下」と、講師の「希望時給○○○円以上」の中間の金額となります。※最小単位は250円

それでは、いくつかの例で説明します。

例1)割り切れる場合は、そのまま

生徒希望:2,500円以下
講師希望:1,500円以上 の場合 → 時給2,000円に決定!

例2)中間の金額が2,000円以上の場合、

「生徒側にできるだけ安く!」を適用
生徒希望:2,500円以下
講師希望:2,250円以上 の場合 → 時給2,250円に決定!

例3)中間の金額が1,000円台の場合、

「講師側にできるだけ高く!」を適用
生徒希望2,000円以下
講師希望1,250円以上 の場合 → 時給1,750円に決定!