指導担当者が教えるベストティーチャーの7つの条件

指導担当者が教えるベストティーチャーの7つの条件

指導担当者が教えるベストティーチャーの7つの条件

お金をもらう以上は、全員がプロ!!

家庭教師業界には、「プロ家庭教師」という言葉がありますよね。でも、ちょっと待って下さい。 お金をもらう以上、全員が「プロ」の家庭教師ではないのでしょうか??
学生の先生が「アマ」で、社会人は「プロ」???

実際には、学生の先生が「プロ意識が高く」、社会人でも「プロ意識が低い」人だっています。

学生だからダメだ、などということは全くありません。プロの人以上に、プロ意識をもってしっかりと指導してくれる優秀な先生がたくさんいます。

要は目的を達成しさえすれば良いのです。プロもアマも関係ありません。全員がプロです。

プロであれば、まず最初にすることは、目的の確認。

そう、プロとは、ただダラダラと時間を使って教えるのではなく、「目的を達成するためにお金を払ってもらう」のがプロ。

そもそもボランティアで報酬が0円なら良いですが、お金をいただいてやる仕事にプロもアマもありません。

だからこそ、皆さんには、以下の内容をしっかり見て、心に刻んで、お金をいただくのにふさわしい、素晴らしいプロ先生になって下さいね。

ここにとても大切な7つのことを書いてありますので、良く読んで是非今後の指導に生かして下さい

家庭教師という仕事(バイト)は、他のバイトよりも高額な時給と言えるでしょう。

それは、子供たちを相手にする、責任のある仕事だから。

指導内容はもちろん、当たり前のことを当たり前にきちんとできることに、誇りを持って下さい。

生徒さんはあなたを見ていますよ。

その1 まずは時間をきちんと守ること

約束の時間の1分~2分前に慌てて飛び込んでくるようでは、プロとは言えません。

学校と一緒で、5分前には指導先のご家庭に到着し、約束の時間にはテキストとノートを開いて、 ”指導”をスタートできるよう準備して下さい。また、急病など、都合が悪いときは1秒でも早く生徒さんに連絡をするようにして下さい。

その2 はきはきと笑顔で挨拶をすること

あなたが子どもの頃を思い出して下さい。子供のあなたはどんな先生に教えてもらいたかったですか?

あなたが緊張する以上に、生徒さんも緊張しています。 指導の日はいつも、生徒さんが気持ちよく勉強がスタートできるように、笑顔で「こんにちは!」「こんばんは!」とあいさつをして下さいね。

その3 契約期間は最後まで責任を持って終えること

契約期間は、生徒さんとあなたとの間で決めていただきます。 どうしても3か月間しか指導ができない、年末年始は帰省したいなど、個人的な事情がある場合には 、契約前に率直に伝え、了解を得てから指導を開始させましょう。

その4 自分勝手な解釈や判断をせずに、きちんと“確認”すること

自分勝手に説明をして「あんな感じの説明でたぶんOK!」ではプロ失格。 「今のところ大丈夫?質問はない?じゃあ次これをやってみよう」と、本当に理解しているかどうか、表情や言葉で確認してから次に進んで下さい。

また、例えば、「指導期間は3か月の約束だったな、何も話はなかったけれど、たぶん次回が最後だろう」、 「志望校はもともと△△校だったから、それに合わせた対策でいいだろう」など、「たぶん」や「きっと」ほど危険なことはありません。 勝手な解釈や判断ではなく、必ず確認をすることを心がけて下さい。

その5 生徒さんを元気にしてあげること

勉強しなきゃ!、勉強したいな!と思わせてあげるのも仕事のうち。

できるようになったら「お、良くやったね!」「その調子!」、すぐにできなくても、 「必ずできるようになるから大丈夫」と声をかけてあげて下さい。あなたがかけてもらって嬉しい言葉だけでなく、 お母さんに聞いてみるのも良いでしょう。相手を元気にしてあげる言葉をたくさん持っていると、良い先生になれますよ。

その6 次回の指導の予習をする

「どうしたら分かってもらいやすい?」「成績を上げるには何が必要だろうか?」と、考えてあげて下さい。 先生も全ての科目を完璧に、というのはなかなか難しいもの。お金をもらうプロである以上、予習は必要です。 突然難しい問題をパッと出されて、「あれ?何だったかなぁ??」なんて、かっこ悪いですよ。

その7 ベストティーチャーになるための1から6までの努力ができる人

家庭教師の報酬は、決してお金だけではありません。生徒さんの成績が上がった、苦手だった算数が得意になった、 志望校に合格できた!これらの喜びを一緒に味わえることも、先生の最大の報酬です。

生徒さんは、皆さんと触れることで、いろんなことを学びます。
上の約束事を常に心において、ベストティーチャーとして、生徒さんと一緒になって頑張って下さい。

家庭教師をしてみたい ※女性の先生もたくさんです!!

家庭教師をしてみたい方へ