紹介システムについて ~生徒の保護者の方へ~

紹介システムについて ~生徒の保護者の方へ~

紹介システムについて 生徒の保護者の方へ

家庭教師の個人契約ってどんなもの??

家庭教師の個人契約・直接契約とは、ご家庭と、家庭教師が直接契約を交わすシステムのこと。この10年で、個人契約・直接契約というものが一般的に認知され、多くの方に利用されるようになりました。

個人契約のメリットは、なんといっても中間マージンの中抜きがないこと。

ご家庭は時給を安く

家庭教師は派遣会社を通すよりも時給を高く、

という、家庭にも、家庭教師にもメリットのある契約システムなので、

お互いに納得感、満足感を持ちやすいのが最大の特徴です。

個人契約の家庭教師のメリット

個人契約をすることで、ご家庭側のメリットはたくさんありますが、

入会金0円、管理費0円、

教材などの強制購入がない(時給が安い派遣会社の中には教材購入必須の会社が多い)、

③志望校などの受験経験者の家庭教師、など、家庭教師への要望を出しやすい、

途中で辞めることも自由(派遣会社は年間契約制など、期間の縛りがあることが多い)、など、

個人契約と、派遣会社を比較すると、費用が年間30万円~80万円以上も、リーズナブル。
それだけでなく、個人契約なので、家庭教師がOKであれば、夏休みは回数を多く、試験前のこの日も追加して欲しい、など、お子さんの学年や学習スタイルの変化に合わせて、
柔軟に対応してもらえるのが特徴です。

個人契約の家庭教師のデメリット

デメリットというと、個人と個人の契約なので、契約内容や回数を自分で決めなければならない、契約書が必要なときはどちらかが作らなければならない、(一般的な書式はあります)など、面倒だ、と感じる方がいらっしゃるかもしれません。

また、トラブルがあったときは、派遣会社を通していた方が対応してもらいやすいでしょう。
とはいえ、「適当な対応しかしてくれないのに、いったい何のための管理費なの!?」、という声もよくお聞きします。

個人契約の家庭教師では、初めに納得の上で指導を決めますし、管理費などもないので、公平で納得のいく条件で契約することができます。

もし手厚いサポートが欲しい方は、個人契約の会社ではなく、家庭教師の派遣会社に依頼をしていただくことをおすすめします。

では次に、家庭教師を検討中の親御さんにお話したいのは、本当にお子さんにとっての一番よい学習方法が家庭教師なのか?ということです。 私は、必ずしもそうではないと思います。

私はこれまで、家庭教師派遣会社の営業(学生時代)をはじめ塾講師、家庭教師、個別指導講師の研修等に携わってきました。その中で、成績を上げる生徒とそうでない生徒をたくさん見てきました。

そこで、まずはそれぞれの学習方法の特長(メリット・デメリット)を見極め、何がお子さんに合った学習方法なのかを冷静に選ぶことをお薦めします。

では、具体的に 家庭教師 VS 塾 VS 個別指導 のメリット・デメリットを私の経験に基づき分析したものをまとめてみました。 是非、参考にして頂きたいと思います。

  • 塾のメリット・デメリット
  • 個別指導のメリット・デメリット
  • 家庭教師のメリット・デメリット